研修医室に引きこもり

勤務医が資産形成を目指すブログです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

診断書は日本語で書いていい

外国人患者に診断書を書くとき、英語で書いていませんか?

 

私もなんとなく英語じゃないとだめなんだろうとおもって書いていましたが、そんなことはありません。

 

日本語で書いて、それを向こうの保険会社で解読してもらうのが当然です。

 

私達日本人が外国で診断書をもらっても当然その国の言語の診断書が出るだけで、日本語で診断書書いてくれるところなんてありません。

 

無理に英語で書いて内容が間違っている方が問題です。

 

 以前韓国人が診断書と言って出してきた書類がただの領収書だったときはがっくりしました。

 

 

 

診察のときも、英語で無理に話さないようにしています。

電子カルテでgoogle 翻訳を起動。

こちらが日本語で打ち込みながら、単語レベルではかる~く会話します。

your ankle sprain・・・there is no fracture・・とかですね。あってるかどうかも知りませんが通じてるみたいです。

 

シーネ固定に関しては英語が難しいです。

cast splint plaster 翻訳しているひとによっていろいろいい方があるみたいです。

でもたいていどれ使っても通じます。

 

なんとなくですが、日本語で説明しているよりも、英語で説明しているときのほうが、患者さんが理解しているように見える・・・気がします。