研修医室に引きこもり

勤務医が資産形成を目指すブログです

人気ブログランキングへ

プラリアは高くない

骨粗鬆症の治療、ボナロンだったりフォルテオだったりプラリアだったりいろいろありますがどれがコストパフォーマンスがいいのでしょうか?

 

プラリアの薬価は28482円

デノタスを一緒に処方すると思うので

18.7円 x2錠  x180日で6732円

 

合計すると

35214円となります。

半年での値段です。

 

一方ボナロンを週1で飲んだ場合を考えます。ビタミンDとしてエディロール0.75μgも内服します。

528.3円 x 180/7 週 =13584円

後発品は204.1円 x180/7 =5248円

 

エディロールは

97.9円 x180日 =17622円

 

合計して

先発なら31206円

後発なら22870円

となります。

 

意外とエディロールが高いんです。

 

後発との比較だと12000円ほどの違いになりますが服薬コンプライアンスなどを考えるとプラリアのほうがいいのではないかというのが持論です。

 

ちなみに月1製剤にしますと

ベネット75mgで 2598円になりますので半年だと15588円。

月1製剤のほうが高いんですね・・・・

 

ということで個人的にはプラリアを選択していることが多いです。

 

しかしプラリアは急にやめると急激に骨密度が低下するというデメリットがあります。

破骨細胞の前駆体をブロックする薬ですのでやめると破骨細胞が大量に分化してくるためと言われています。

 

投与開始するならずっと続ける覚悟でやってもらわないといけません。そこだけ注意しましょう。