研修医室に引きこもり

整形外科専攻医になりましたが研修医室に引きこもっています

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
人気ブログランキングへ

初期研修医に整形外科を勧める8の理由

1 QOLと直結する科である

内科みたいに生死と直結する病気は多くないです。しかしそれ故に問題なのです。

膝が痛い。変形性関節症である。しかしそれでは死ねません。他の病気で死ぬまでその痛みと付き合わないといけない。それをなんとかするのが整形外科です。

  

2 病棟の雰囲気があかるい

基本的に元気な人がさらに元気になるように手術を受けに来ます。病棟で亡くなる方は少ないですし患者さん同士で仲良くなったり雰囲気も明るいです。

 

3 外来もある。開業できる

その気になればレントゲン一つで開業できます。駐車スペースやリバビリ用のスペースが必要なので面積は内科より必要かも。

 

4高齢人口が増えると需要ふえる

心臓や肺はなんとかなってるけど腰痛だけはなんともならない・・・なんて方が増えてきています。患者人口は増え続ける一方です。

 

5手術が短い

整形外科の手術は1時間から2時間くらいで終わるものが多いので術者への負担もすくないです。その分、数はこなさないといけませんが。

 

6バイトが多い

外来バイト、当直バイトなども多数あります。収入にもこまりません。

 

7病院に利益をもたらす

整形外科の手術点数は現状かなり高めです

入院期間もそれなりに長いので病院にとっては稼ぎ頭になっているとことがおおいです。

 

8QOMLも高め

夜間の急変や土日の仕事は少なめです。それ故バイトも行きやすいですしもちろん急速を取ることも可能です。

 

いかがでしょうか。

いろいろあげてみましたがもちろん裏返しのデメリットもあります。

整形外科が忌避される要因の一つに「ドクターの雰囲気が明るすぎてあわない」という方もいますがそれはあまり関係ないと思います。確かに女医さんの数は少ないですが元気でおちゃらけなドクターの数は他科とも対して変わらないと思います。

女医さんが少ないがゆえに男子校的な雰囲気はあると思われます。