研修医室に引きこもり

整形外科専攻医になりましたが研修医室に引きこもっています

大腿骨頚部骨折 手術適応など

(この記事は随時更新していきます)

 

大腿骨頚部骨折ではまずgarden分類を覚えます。

写真で見るのがわかりやすいですが・・・

stageⅠ 亀裂のみで反対側まで達していないもの

stageⅡ 完全骨折だが転位のないもの

stageⅢ 完全骨折で骨頭は回旋転位していないもの

stageⅣ 転移し骨頭がどこかに飛んでいるもの

 

の4つです。

 

Ⅰ Ⅱ に対してはハンソンピンなどのいわゆるピンニングでの骨接合術が適応となります。

 

Ⅲ Ⅳ に対しては年齢に応じて人工骨頭置換術かTHA(人工股関節全置換術)が行われます。

当院では60歳以下に対してはTHA

60〜70歳に対してはADLに応じてTHAか人工骨頭

70歳以上では人工骨頭置換術を行います。

 

これは年齢の低いひとに人工骨頭だけ置換しても将来的に人工骨頭が接触する臼蓋が摩耗してしまうためです。

高齢の方はもう歩くことも少ないですし寿命も近いですから人工骨頭置換術のみとなります。