研修医室に引きこもり

研修医や看護師に役立つことを書いていきます

病院見学で気をつける6つのポイント-メールの送り方例文など-

5年生はマッチングに向けて最後の病院見学をしているところでしょうか。

5年生も早い人は夏に病院見学を始めるかと思います。

病院見学はメールを送るところからスタートすることが多いですが、ここからすでに勝負は始まっています。

 

入職してから気づいた病院見学で気をつけるポイントを挙げてみます

 

1:メールから戦いは始まっている!

病院見学の際はまずメールを送るところから始まると思います。

この場合メールは事務の方に届いて、それから各科の部長などにこの日は大丈夫ですかとアポを取ってもらい、学生に返事が行くことになります。

 

メールの文面の作り方もさることながら付け加えてほしいポイントがあります。

・希望日を2つ以上いう

・妥協案を示す 

などです。

メールを送るのは見学希望日の2,3週間前がベストだと思います。 

 

タイトル:病院見学のお願い(XX大学X年 ABCD)

 

XX病院 学生担当 XX様

 

XX大学X年のABCDと申します。

貴院での初期研修を考えており、ご連絡さし上げた次第です。

X月X日消化器内科の見学をさせていただけないかと考えております。

他にもY日、Z日でもかまいませんのでご都合の良い日に設定をお願いできないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

 

簡単に書くとこのような感じです。

最後に署名を入れておきます。

XX大学X年ABCD

TEL:00900000000

住所:CC府HH市・・・

 

 

2:研修委員長、病院長との面談のチャンスを作ってもらう。

研修委員長のいる科を見学するのもよいです。

 

3:服装は当然スーツ!その後は白衣かKCスタイルで

どうせ着替えるんだから普段着でいいだろうとはなりません。スーツで来たほうが断然印象はいいです。着替えた後ですがスクラブは評判がよくありません。あれはあくまで手技をする人むけの服装ですので、見学の際はネクタイをしたうえで白衣を着るか、ケーシーでいるのが望ましいと思います。

 

4:初期研修医とはなす機会を作ってもらう。

初期研修医にも丁寧に挨拶します。

初期研修医からの評価がマッチング順位に関係あるところもあります。

病院に関する情報も実際に働いている研修医から聞き出すのが大事です。

 

5:事務の人にもしっかり挨拶!

事務の人への態度が評価に含まれるところもあります。ここも当然ですが丁寧に。。。

 

6:お礼のメールを忘れずに!

見学するとたぶん名刺をもらえます。こちらは学生なので名刺をわたす必要はありませんが、しっかり受け取りそこにあるメールアドレスにお礼のメールをします。(もちろん事務にも)

 

「本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。〜〜〜などとても印象深かったです。貴院での初期研修を真剣に考えていますのでよろしくお願いします」

 

簡単にかくとこんな感じになります。

 

 なんとしてもこの病院で働きたい!という気持ちを伝えるのが大事ですのでそこは惜しまずにアピールしていきましょう!