研修医室に引きこもり

研修医や看護師に役立つことを書いていきます

救急外来でよくみる症例④ めまい(良性発作性頭位めまい症)

【主訴】めまい

 

【現病歴】XX日朝からめまいがしていた。吐き気はあるが嘔吐はなく、様子を見ていたが治まらないため受診。

めまいは体動時のみに起こり、回転性のめまいであった。その後2,3分で治まるのを繰り返している。

 

バイタルサイン:異常なし(発熱もなし)

血液検査:異常なし

 

「動いた時、どちらかに頭を向けた時に急にくらっと目が回るようなめまいがでて数分で治まる」という病歴ですのですぐにわかります。

頭を左右に傾けて水平性の眼振が観察されれば良性発作性頭位めまい症で確定となります。

 

高齢者の場合は念のため頭部CTや血液検査をすることもありますが、若者の場合それも省略することが多いです。

 

治療はEpley法などがありますが専門でもないので無理に実施する必要もないかと思います。

とりあえずメイロン2Aとテルペランを点滴するとすこしマシになるのでそれで帰ってもらいます。

処方はメリスロンやジフェニドールです。

 

その場で完全に治すことはできないので

「2,3日で自然軽快するので様子をみていてください」

と説明するのが大事です。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


医師 ブログランキングへ