読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研修医室に引きこもり

研修医や看護師に役立つことを書いていきます

研修医が覚えるべき経口抗菌薬⑤

レボフロキサシン(クラビット

 

ニューキノロン系で覚えるのはこれくらいです。

使いどころは主に2つ

・膀胱炎

・若者の市中肺炎

です。

 

・膀胱炎

膀胱炎にはバクタ!とおぼえている方もいるかもしれませんが結構副作用の多い薬です。

クラビットに副作用がないわけではないですがよく用いられるせいで大腸菌への耐性化が進んでいるようです。

大腸菌ごときにクラビットは贅沢じゃないかと思っています。ほかにいい薬はないのでしょうか

 

 

・若者の市中肺炎

誤嚥などしそうにない若い人の肺炎ではマイコプラズマなどの非定型肺炎が考えられ、クラビットの出番です。しかし基本的にはかなりしんどく入院加療となるため外来で処方する機会はすくないでしょう。

入院し点滴でレボフロキサシンを投与したのち経口にスイッチし退院というパターンが多いです。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


医師 ブログランキングへ