研修医室に引きこもり

研修医や看護師に役立つことを書いていきます

研修医が覚えるべき経口抗菌薬③

ペニシリン系 パセトシンもしくはサワシリン(アモキシシリン)

 

これは簡単です。使いドコロが救急外来では1箇所しかありません。

A群β溶連菌による咽頭炎です。

 


centorスコア・・・A群β溶連菌による咽頭炎を予想するスコア
体温38度以上(+1)
咳嗽がない(+1)
前頸部リンパ節腫脹•圧痛(+1)
扁桃の腫脹•白苔(+1)

(年齢を考慮したスコアもある)

3点以上なら溶連菌の関与を強く疑う。

溶連菌迅速検査で陽性がでれば・・・
パセトシンカプセル250mg 3錠分3 10日分 
もしくはサワシリンですね

 

十分に治療しないとリウマチ熱の可能性があるなど説明しましょう。

 

もちろんただの風邪による咽頭痛にこの薬は意味がありません。

細菌感染を疑い検査をした上で処方する薬です。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


医師 ブログランキングへ