読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研修医室に引きこもり

研修医や看護師に役立つことを書いていきます

もっとも簡単な採血の方法、痛くないコツ

当院は採血は看護師さんがやってくれますが医師ももちろんします。

 

 

****準備****

必要な血液の量よりすこし多いくらいのシリンジ

22G 23Gくらいの針

翼状針は使わない

 

①第一選択はやはり肘の静脈

近位部になればなるほど太くなるので見つけやすく刺しやすいはずです。

 

②温める。

手袋にお湯をためて縛って湯たんぽみたいにします。これで温めてもらうのがいいです。

 

③心臓より下にして縛る

静脈を怒張させる基本技術 

 

④消毒

アルコール綿でサラッと

 

⑤手の先に向かって刺す

みなさん患者さんの手の側にたって頭方向に向けて針を刺していると思います。

これは間違いです!!静脈は手先から心臓のほうへむけて帰ってくるので心臓側から末梢にむけて刺すと一番効率よく引くことができます 

 

駆血帯を外す

針を外す前に

 

⑦アルコール綿で押さえながら抜く。

押さえないと多少出血します。

 

⑧刺した部分を心臓より上に上げてもらう。

 これをすることで血腫ができにくくなります。

 

一番大事なのは⑤です。さっさとやれば痛くありません。

 

 

それでもできなかった場合

われわれ医師には動脈血採血という裏技があります。

鼠径からでも橈骨動脈からでも構いません。採血後の圧迫をしっかりすれば動脈からの採血でもなんの問題もありません。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医学へ
にほんブログ村


研修医 ブログランキングへ