研修医室に引きこもり

研修医や看護師に役立つことを書いていきます

点滴ルート確保に失敗したときに振り返る7つのコツ

医師も看護師も苦手な人はとことん下手なルートキープ。

やっぱりコツみたいなのはあるので意識してやってみましょう

 

良い条件で穿刺したか

①部屋を明るくしていたか
②穿刺部の高さは心臓より下だったか
③血管が浮き出ていたか(浮き出ない人もいるけど、締めすぎて動脈も縛ってなかったか)

④血管の分岐部を狙ったか

 


⑤角度は適切だったか
血管を貫くには適度な鋭角で刺さなければならない。
皮膚と並行すぎるとサーフローが血管の上を滑ります。

 

⑥血管の弾力をイメージできたか
血管の上に来ていても滑ってしまっては意味が無い。
柔らかい血管は逆血があると同時に奥まで貫いていることがある。

また駆血を強くしすぎると刺した瞬間血腫になってしまったり。

 

⑦外筒挿入時に内筒が戻らなかったか
内筒もしっかり保持しよう


これらを振り返ればあなたもいつのまにかルート確保マスターのはず!

 

 

www.minaka66.net

www.minaka66.net

www.minaka66.net

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


医師 ブログランキングへ