研修医室に引きこもり

研修医や看護師に役立つことを書いていきます

研修医 おすすめの本 レビュー 3 研修医当直御法度

研修医当直御法度

 

言わずと知れた「赤本」

例えば胸痛を主訴にきた患者さんに何を思い浮かべて対応していくか、腹痛、発熱、背部痛など鑑別診断をメインに書いてある。筆者が経験したおもわず忘れがちな疾患の経験の例などなど。

 

鑑別診断の勉強にはなるけど実戦向けじゃない。

例えば胸痛を主訴として来院、心筋梗塞を疑ったときの対応は?と聞かれるとこの本には具体的には載っていない

MONA程度は載っているがヘパリンを何千単位流すとかルートキープの点滴はとか、酸素は何リットル流すかがわからない。)

それでも読んでおく必要のある本。必読です

 

 

研修医当直御法度 第5版

研修医当直御法度 第5版

  • 作者: 寺沢秀一,島田耕文,林 寛之
  • 出版社/メーカー: 三輪書店
  • 発売日: 2012/02/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る